shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

なぜ「浮気」はダメなのに、「ニノ」はいいの?

 

浮気とか不倫っていうようなセックススキャンダルは、世間がものすごく敏感だよね。

 

 

 

 

そういうゴシップが大好きな人たちもいれば、

 

それをメディアで知れば、可哀そうに、なんて奴だ!!と憤る人もいる。

f:id:shima-nju:20200316221515j:image

 

 

それは当事者同士の問題だと思いきや、

多くの人からの批判を浴びせられ、社会的な地位や名誉はどん底にまで崩れ落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

浮気不倫に、一体、なぜ人はそこまで敏感なんだろう??

f:id:shima-nju:20200316221528j:image

 

 

 

要素はふたつに分けられるかな?

 

 

 

 

 

心に決めた人がいるというのに、

別の人に肉体的な関係をもってしまうパターンと、

別の人を心から好きになってしまう精神的な関係をもってしまうパターン。

 

 

 

 

 

まあ、そもそも、

「あなたひとりを心から生涯愛し続けます」

という意味合いで、結婚や「付き合う」という契約を結んでいるんだから、どちらもタブー。

 

 

 

 

 

 

 

でも、すごくおれが気になるのは、

 

好きな俳優さんがいる。

 

好きなアイドルがいる。

 

 

というパターン。

 

 

 

 

 

自分とは違う相手に、

出来心で心を奪われてしまう「浮気」には嫌悪を示すのに、

 

 

 

 

 

好きなアイドルがいる、

というのは「浮気」とは言わないのか??

 

 

 

 

 

 

たとえば、顔がドアップのうちわを持っていて、ライブでその人に会うために北海道から沖縄まで駆けつける。

 

 

これは、精神的な「浮気」と呼ばずして、何というのか笑

 

f:id:shima-nju:20200316222231p:image

 

f:id:shima-nju:20200316222243p:image

 

 

 

反論として、

 

「アイドルは手の届かない所にいるから問題ない。浮気や不倫はその人がそばにいるでしょ?」

 

とか、

 

「俳優さんやアイドルは自分のことを顔も名前も知らないのだから問題ない。」

 

とか。

 

 

 

 

 

 

いやいや、そいつに手が届くかどうか、面識があるかどうか、なんて問題じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

問題なのは、あなたの心がその人に奪われてしまっていること!!!

 

 

 あなたの心が、その人へ向いてしまっていることが問題なんだよ!!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから面白くなっていくんだけど、

 

 

日本人はみんな宗教には、すごく嫌悪を示す(ように思われる)。

 

 

 

なにか見えないものに対して、絶対的な信頼を置き、奉仕するなんて。、

 

 

 

 

 

 

知っての通り、

世界的に見て、「無宗教だ」と胸を張って言うのは日本人だけだろう。

 

(実際は、無宗教な日本人はいないと思われる。

クリスマスになればお祝いをするし、受験に際せば合格祈願をする。

日本人はあらゆる宗教を文化として断片的にすくい取って、生活のなかに盛り込んでいる。

信仰の程度こそ違うが...)

 

 

 

 

 

この宗教の、

「何かに絶対的な信頼を置き、その通りに心を支配される」という点で見れば、

アイドルは同じじゃないか??

 

 

 

アイドルに限らず言えることだが、アイドルものように崇めていて、

その人の言うことには、絶対的な共感をもつ。

 

 

それは、宗教のようじゃないか。。。

 

 

 

 

 

熱狂的なアイドルファンを見ると、そう思われる時がある。

 

 

 

 

 

 

なんと、英語の "idol" は「アイドル」の他に、

「偶像」「崇拝物」という意味がある。

 

 

 

 

 

確かに、そう言われてみると、キリスト教の聖職者は結婚が禁止されている。

それは、神なるものと契約を結んでいるからだ。

 

 

陳腐な表現で言うと、神様と結婚しているということ。

f:id:shima-nju:20200316222418j:image

 

 

 

 

 

結局、だれか(なにか)に精神的な関係を持つ、ということは、

 

 

結婚や「付き合う」といった人間の社会的な関係も、

 

アイドルといった趣味レベルに落とし込まれてしまいそうな好意も、

 

への絶対的な帰依といった宗教も、

 

 

一緒だ、と言えそうだ。

 

 

 

 

 

つまり、浮気不倫を批判する人は、

これらの要素を同レベルで考えなきゃいけない。

 

 

 

 

 

浮気はダメだということは、

愛する誰かがいるんだったら、好きなアイドルもダメ、宗教もダメ、と言わないとよく分からなくなる。

 

 

 

 

だって、あなたは、「わたしひとりを心から生涯愛し続けます」と誓うのだから。

f:id:shima-nju:20200316222533j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、実際は、

この3つの領域は独立し、さらに同時に成立しうる。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルオタクで既婚者のクリスチャンは存在している。

 

 

 

 

 

 

 

なのに、人間同士の「浮気」や「不倫」にだけ、人は敏感なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合理的なことが大好きな人間が、

なぜ非合理的な一夫一婦制を採用したのだろうか??

 

 

 

 

 

人間は、効率的なこと、科学的に証明されたことに絶対的な信頼を置く。

 

 

 

 

不合理なこと、理不尽なことが大嫌いな人間が、

「結婚」という制度だけ、非合理的な選択をした。

 

 

 

 

 

 

オスは、よりたくさん子孫を残したい、

メスは、より質の高い子孫を残したい、

 

 

それを同時に実現させるのは、一夫多妻制だ。

 

 

 

 

実際、どこの国でも、昔は合理的なこの制度を採用していた。

 

もちろん、日本も。

 

 

 

 

 

 

 

では、なにが、私たちにそれとは違う選択をさせたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、人間の「欲」なんだろうな。

 

 

やっぱり、

自分以外の誰かに、最愛の人の愛情が分散してしまっていることは、独占欲の強い人間という生物には、耐えられない。

f:id:shima-nju:20200316223051j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんこれは男女に限らず、人間なら誰しもだ。

 

もちろんこれは恋愛関係に限らず、親子関係・友人関係でもだ。

 

 

 

 

弟に親の愛情が分散すれば、兄はやきもちを妬くし、

親友が、じぶんのいないコミュニティで楽しそうなのを見ると、ムスッとする。

 

 

 人間は、自分が愛する者の愛情を独り占めしたい。

 

 

 

 

 

 

最も合理的な策があるのは、頭ではわかっていても、心がそれを嫌がる。

 

その「人間味」こそが、世の中を面白くしている。

 

 

 

 

 

それがなければ、人間で在る必要はなく、ロボットでいい。

f:id:shima-nju:20200316224713j:image

 

 

 

 

 

 

 

その産物が「浮気」や「不倫」を激しく嫌悪する、この世の中の風潮なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ニノを見てカッコいいとニヤニヤしている彼女を見て、ふと思った。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

(注) :

 この記事は、決して「浮気」や「不倫」、「一夫多妻制」を是とするものでも、アイドル信仰を一部の危険な宗教のようだなどと揶揄する趣旨ではありません。女性のみが独占欲の強い、という見解でもありません。すべての立場の人(もちろん浮気や不倫の当事者も含む)を尊重したうえで、この記事を書いています。