shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

複数形のウラばなし③ 〜単複同形の罠〜

f:id:shima-nju:20210616035540j:image

 

ちん

「最近の回転寿司って、

 

注文してから、品物がでてくるまでの時間が

 

短すぎじゃない!?

 

 

あの驚異的なスピード感には感動した。

 

 

 

だから、僕の将来の夢は、

 

回転寿司レーン屋さんになるわ。」

 

 

 

 

たこ

「ぼくら、魚だよ!?

 

なんで効率良くぼくらが食べられる方法を

追求しようとしてるんだよ。」

 

 

 

ちん

「うわぁ、たしかに!!!

 

 

そういえば、この前気になることがあって。、」

 

 

 

 

たこ

「なになに??」

 

 

 

ちん

「この前、

 

✧ many fish

 

って表記を見たんだけど、

 

 

fishがたくさんいるのに、fishesってしないってことは、

 

 

fishは数えられない名詞なんだなー

って思って。

 

 

 

なんで、fishは不可算名詞なんだろー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

たこ

「あらら、

 

まんまと

にハマっているね。笑」

 

 

 

ちん

「わ、罠!?!?」

 

 

たこ

「まず、

 

manyは

数えられる名詞に対して使う

[たくさんの〜]なんだよね。

 

だから、

このfishは、

数えている

ってことになる。」

 

 

 

 

 

 

ちん

「なんだって!?!?」

 

たこ

「実はね、

 

fishの複数形は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fish

なんだよね笑🐟🐟」

 

 

 

ちん

「そんなのありかよ。

 

単数形も複数形も

同じ形ってこと!?!?

 

 

 

たこ

「そのとおり!

 

こういうふうに、

 

数えられる名詞で、

単数形と複数形が

同じ形の名詞のことを、

 

 

単複同形

っていうよ!」

 

 

 

 

 

ちん

「え〜〜。

 

ってことは、

a fish だし、

two fish だし、

many fish ってこと??」

 

 

 

 

たこ

「そうだね!

 

 

主に、群れで生活する動物や外来語に、

単複同形が多いらしいよ。

 

 

deer[鹿]

 

 とか

 

sheep[羊]

 

とか

 

yukata[浴衣]

 

とか

 

haiku[俳句]

 

とか!!」

 

 

 

 

 

ちん

「ほぇー。」

 

 

 

 

 

 

★今日のウラばなし★

 

・単数形と複数形が同じ形の名詞を

 単複同形という。

 

・単複同形は、

 群れで生活するものや外来語に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たこ

「fishはたしかに単複同形なんだけど、

 

お寿司の上に乗っているアレみたいに、

 

切り身や刺し身は不可算名詞でfishというんだ。」

 

 

 

 

ちん

「毎回そうだけど、

 

その物をどう捉えるかが、

表現に影響を与えるっていうのが、

 

言語の面白い所だね!

 

 

 

 

 

 

 

言語=思考!!」

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------

↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓

shima-nju.hatenablog.com

  

shima-nju.hatenablog.com