shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

肉じゃがに、じゃがいも入れてみた

f:id:shima-nju:20200225004622j:image

先日起きた事件なんだけど、

 

 

 

夕飯を作ってくれた母が突然、

 

 

 

 

「今日の夕飯、

肉じゃがなんだけど、今日はじゃがいも入れてみたの!」

 

 

 

 

とボケをかましてきた。

 

 

 

 

 

ギャグとしてはまぁまぁつまらないかもしれないんだけど、

 

 

 

 

普段そんなことをめったに言わない母が、そんなことを言ってきたもんだから、

 

 

 

 

 

不意をつかれて、ひとりでツボに入ってしまった(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃがいものない肉じゃがってなんだよ!!(笑)

 

料理名『肉...』になっちゃうじゃん!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃがいもの入っていない肉じゃがなんて、

まるで夏休みのない8月のようだ......

 

 

 

 

 

 

 

それから、「肉じゃがに、じゃがいも入れてみた」っていうフレーズが頭から離れなくて、生徒にまで話してしまった。笑

 

 

 

 

強烈なインパクトで、

すっかり脳裏に焼き付いてしまった!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう「ギャップ」っていうのはすごく印象に残る。それも強烈に。笑

 

 

 

 

例えば、いちばんわかりやすいのは、

『ギャップ萌え』

 

 

 

普段は見せない一面を、ふとした瞬間に垣間見せる。

 

それは、想定外な「事件」であって、強烈に、なおかつ印象的に映える。

 

 

 

脳はそれを、「恋」だと錯覚する。

 

 

 

 

 

 

 

さらにいうと、「ギャップ」っていうのは、人生を豊かにする要素ももっている。

 

 

 

 

 

 

 

「え、そうだったのか!?!?」

 

 

 

 

 

その営みが脳に強烈な刺激を与えて、

目の前に広がる世界を鮮やかに魅せてくれる。

 

 

 

 

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強だって、本来は「ギャップ」の連続のはず。

 

 

 

 

学べば学ぶほど、知らないものに出会い、

日常の現象に "意味" "因果" を見出させてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強は「ギャップ」のスペクトル

 

 

日常に非日常を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えながら、今日も中学生に英語の魅力を伝えてきた。

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓

shima-nju.hatenablog.com

shima-nju.hatenablog.com