shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

Film Note。 ~『紺青の拳』 編~

 

「君の "拳" は、何のためにある?

強さを追い求めて、その先に何がある?

目的を持たない不完全な "拳" は危険だ。」

                                   (レオン・ロー 劇中より抜粋)

 

 

「握った "拳" の中に、まるで何かがあるかのように思わせるのがマジシャンで、

その "拳" を開く前に、中身を言い当てるのが探偵だろ?」

            (怪盗キッド 劇中より抜粋)

f:id:shima-nju:20200425010844j:image

 

 

 

 

 

 

『紺青の拳』(こんじょうのフィスト:宝石の名前)

をめぐる事件は複雑な様相を呈し、

 

様々なキャラクター達が翻弄されていく。

f:id:shima-nju:20200425010621j:image

 

 

そこには、真実の物語があり、マジシャンの物語があり、

そして武闘の物語をはらんでいる。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ冒頭で、映画の中で印象に残ったセリフを挙げてみたんだけど、

 

やっぱり、"拳" をテーマに物語が進んでいく。

 

 

 

 

 

劇中では、"拳" は、その人その人が持つ「武器」を描写している。

 

 

ズバ抜けた知性、洗練された奇術、そして鍛え抜かれた武術

 

 

 

 

 

 

それぞれが何年もの努力を積み重ね、磨き上げたその「武器」が炸裂する。

 

 

1つのこと極めることには、

膨大な時間やお金、そしてなにより努力を要する。

 

 

それは「才能」という言葉で片づけてしまいたくなるような、

血の滲むような努力

 

 

 

 

その極まった「武器」は、

その人の価値でもありそれを活かして、

仕事になったり、人を喜ばせたり、勇気を与えることができる。

 

 

 

でも、

その「武器」は使い方に注意しなくてはならない。

 

文字通り、人を傷つけうる「武器」にもなる。

 

 

 

 

 

 

 

使い方を一歩間違えれば、

知性が他人を騙すために使われたり、

その拳を誰かに傷を与えるために使われてしまったりする。

 

 

 

 

 

 

それを印象づける話がある。

 

古代ギリシャ医者は、その職業を名乗るために、

必ずやらなければならないことがある。

 

 

それは、

アスクレピオスという神様に誓いを立てなきゃいけなかった。

 

 

ヒポクラテスの誓い」だ。

f:id:shima-nju:20200425011220j:image

 

これは、これから看る患者さんや医学的技術の一切を秘密にする、という誓い。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ神に誓うかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者は患者を治すために薬草の研究をする。

 

 

 

 

 

でも、それは同時に、毒草の研究をすることに等しい。

 

 

 

 

 

 

その「武器」の使い方をひとつ間違えれば、

医者はいつでも暗殺者になれるんだ。

 

 

 

だから、誓いが必要だった。そして、その秘密を誰にも話さないという誓いも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「目的を持たない不完全な "拳" は危険だ。」

 

 

やっぱり、

その人の「武器」は、正しい目的があって初めてその威力を発揮する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはその得意なこと、勉強していることは、何のため??

 

 

 

あやふやなまま進んでいけば、きっと誰かを危険にさらしてしまう。

 

 

心の間隙に悪魔の一声が吹き込まれれば、

それは誰かを傷つける何かに変貌してしまうかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、その目的がはっきりしたとき、

あなたのその "拳" は誰よりも強く、高く、

 

 

 

 

 

そしてたくさんの人々を幸せにすることができるんだね。

f:id:shima-nju:20200425011227j:image

 

----------------------------------------------------------------------------

参考:

 

 映画『名探偵コナン 紺青の拳』

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------

↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓

shima-nju.hatenablog.com