shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

Film Note。~『純黒の悪夢』編~

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分とは何者ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この質問にパッと答えられる人は、なかなか少ないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんのために生まれたのか?

 

 

何をして生きるのか?

 

 

 

 

自分とは一体何者なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この答えが簡単にわかったら苦労はしない。

 

 

 

誰もがこの答えを探しているからこそ、

 

みなそれぞれに生き、悩み、苦しむ。

 

 

 

そして、自分が今いる道が正しいかどうか、

 

分からないまま暗中模索で進んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュラソー

 

 

 

オレンジの皮を使ったオランダ生まれのお酒。

 

 

 

無色透明のその酒は、様々な着色をすることで、楽しまれる。

 

 

 

無色だからこそ、何色にもなれる。

 

 

 

 

 

 

それが、今回カギを握る黒の組織のメンバーのコードネーム。

f:id:shima-nju:20200420110118j:plain

キュラソー



 

 

物語は、各国の諜報機関工作員

つまりスパイたちの名前を連ねた "ノックリスト" が

彼女によって盗まれるところから始まる。

 

 

 

 

 

スパイというのも自分を偽り、自分の色を変える仕事柄。

 

 

 

 

 

 

 

そしてド迫力のカーチェイスの末、

事故によってキュラソーは自身の記憶を失ってしまう。

 

 

 

 

 

事故から命からがら脱出したキュラソーはコナン達と出逢う。

 

物語を進めていくごとに、いつもはドジばかりの少年探偵団と関わることで、

自分の進むべき方向を決心し、そして色を変える。

 

 

 

彼女は組織を裏切り、探偵団を助けるという選択をしたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十人十色というように、人にはそれぞれ色があるとされている。

 

 

誰もが、何色だかの色を持っているらしい。

 

 

 

 

その色さえなんなのか分かれば、楽に生きれるんだろうな。

 

 

 

「自分はこういうものだ。」

 

それさえわかれば、自分がどう生きればいいかもはっきりする。

 

 

 

 

 

 

でも、

色がはっきりしすぎていても、どうやら苦しい人もいるらしい。

 

 

物語の中では、壮絶な公安 VS FBIという対立軸も描かれている。

f:id:shima-nju:20200420110452j:image

 

 

目指す方向は同じなのに、そう簡単には手を取り合うことができない。

 

 

 

 

 

誰もがその "色" とやらに苦しむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品によると、その "色" を決めるヒントは、

どうやらその人の「過去」「記憶」らしい。

 

 

 

キュラソーが自分の色を決めるのに使った "物差し" は、

自身の「思い出」だった。

 

 

 

 

 

過去を見つめることで、

 

 

今までの自分が何をしてきたか

 

 

 

 

どういう選択をしてきたのか。

 

 

 

そして、何をすると、どう感じるのか。

 

 

 

 

 

その「思い出」から、自分の色を判断した。

 

 

自分が一体何者なのか、自分が一体何をすればいいのか、を。

 

 

 

 

 

 

 

 

キュラソー

 

 

 

"色" を決めた彼女は、子どもたちを救うために命を燃やし、その生涯を終える。

 

 

 

 

かけがえのない「想い出」と共に、命は燃え尽きた。

 

 

 

 

 

 

"色" と "色" がぶつかり合い、"色" が何なのかを探し求める。

 

 

この映画はそんな人間の生き様を、葛藤を、ド迫力のアクションに乗せて描き出した。

 

 

 

 

 

それは、「純黒の悪夢」なんだって。

 

 

f:id:shima-nju:20200420110149j:image

 

 

 

 

 

悪夢から覚めるにはどうしたらいいんだろうな。

 

 

----------------------------------------------------------------------------

参考:

 

映画『名探偵コナン 純黒の悪夢

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓

shima-nju.hatenablog.com

shima-nju.hatenablog.com