shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

過去形は3つの「距離」をつくる

 過去形は、ただ時を戻すために使われるもの、ではない。

 

 

 

 

 たぶん、多くの人が、「え!?」って思ったことがあるとおもうんだけど、

 

 

 

 「"will"過去形にすると、"would" になります。」

 

 

 

 

 

んん?? 

 

んんん!? 

 

んんんん!?!

 

 

 

 

 なんだ!?

 

 "will" は未来を表すって教わったのに、未来の過去形ってどういうことやねんっっ!?!?

 

 

 

 

でも、実際に使われる "would" のシチュエーションは、

 

"Would you like some water?" (お水はいかがですか?)

 

というように、全然過去の話じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、一体なにが起こったんだろ??

 

 

 

 

 

 

 

実は、英語の動詞を過去形に活用させると、

3種類ある「距離」のいずれかを作ることができるんだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

3つの「距離」...

 

f:id:shima-nju:20200328233217j:image

 

 

 

 

 

 

 

①時間の「距離」

 

e.g. I played tennis with my friends yesterday.

  (昨日、友達とテニスをした。)

 

 

 

これは、一番みんなが知っている "過去" を表す働き。

 

過去になるということは、

"現在から時間の「距離」をおいた" って言い換えられるよね!

 

f:id:shima-nju:20200328233241j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

②相手との「距離」

 

e.g. Would you close the window?

  (窓を閉めていただけますか?)

 

 

 

実は、過去形を使うことで、

相手との距離を置くこともできる!!

 

 

つまり、"敬語"っていうこと!!

 

 

 

 

英語には"敬語"はないとよく言われるけれど、

本当はある。

 

 

遠回しな言い方をしたり、こんな風に過去形を使うことで、

相手との間に「距離」をとって丁寧に接することができるんだ!

 

f:id:shima-nju:20200328233417j:image

 

それに比べて日本語は「いただく」とか「申し上げる」とか、

別の動詞を覚えていかないといけないから、 大変だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

③現実との「距離」

 

e.g. I wish I were a bird.

  (鳥になれたらなぁ...。)

 

 

 

もうひとつは、現実から離れた仮の話をしたり

「こうだったらいいのに。」っていう現実離れした空想の話をするときに、

過去形を使う。

 

 

そう!!これは、高校生で習う "仮定法" ってやつ!!!

 

 

過去形を使うことで、

現実ではありえないような空想の話ができるようになるんだ!!

 

f:id:shima-nju:20200328233435j:image

 

 

 

 

 

 

なんと、来年度から中学校の教科書が変わって、

中学生のみんなは"仮定法"も勉強しなくてはならなくなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生のみんなは、3つの過去形を駆使しなくてはならないなんて...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去形は「距離」をつくる。

 

 

 

 

 

過去形は、

過ぎ去った過去を語ったり、

相手を敬ったり、

仮の世界を描くことができる。

 

 

 

 

 

 

過去形すげぇ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここからおれの敬語論争が始まる...

 

 

それは、次回のお楽しみ!

 

f:id:shima-nju:20200328233525j:image

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

↓ ↓ 続き ↓ ↓

shima-nju.hatenablog.com