shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

"未来への可能性がない"という貧困

 

「貧困」とは、何か。

 

 

 

たぶん簡単に想像できるのは、経済的な貧困?

 

お金が無かったら、貧しいよね。困るよね。

 

 

 

 

 

もっと深刻になると、

飢餓、干ばつ、砂漠、アフリカ?

 

 

そもそも、生きていくこと自体が難しい。戦争や紛争。

死と隣り合わせの生活。

 

f:id:shima-nju:20200313110546j:plain

ハゲワシと少女

 

 

 

 

 

 

 

しかし、インドの経済学者アマルティア・センは、

「貧困」をユニークなアプローチで捉えようとした。

 

 

それは、

個人が秘める未来への可能性の有無で貧困を測定しようとする、

「ケイパビリティ・アプローチ」を提唱した。

 

f:id:shima-nju:20200313110601j:plain

アマルティア・セン

 

 

つまり、単にお金が無いということが「貧困」なんじゃなくて、

 

未来に可能性が無い、ということが「貧困」なのだ

と定義した。

 

 

 

たとえば、現在は収入が少なくても、将来、昇進や転職ができる見込みがある場合、

それは「貧困」とは呼ばない。

 

 

逆に、

収入は良くても、閉ざされた環境で、

やりたくもない仕事を頭ごなしに強いられる劣悪な環境、

閉塞的な環境に身を置いて、改善が見込まれない場合、

 

それを「貧困」と呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

つまり、アマルティア・センは、

国や個人の経済状況はもちろん重要だけれど、

収入の多さや社会の豊かさだけでは、幸福度は測れない、とした。

 

 

 

 

幸せ・豊かさとは、お金持ちかどうかではなく、

選択の自由や機会の多さだ、と主張した。

f:id:shima-nju:20200313110401j:image

 

 

 

だから彼は、

 

貧困問題を解決する、ということは、

未来のために人間の可能性を取り戻すための努力をする、

 

ということとして、その解決に主眼を置いたんだ。

 

 

 

 

 

 

未来に可能性がもてないことが、真の「貧困」だ、と。

f:id:shima-nju:20200313110348j:image

 

 

 

 

「2030年の世界地図帳」では、それにのっとると、日本国内の貧困問題は3つあると書いてある。

 

 

 

 

1、「シングルマザーの貧困」

f:id:shima-nju:20200313110238j:image

 

シングルマザーは単に収入が一人分しかないために経済的に貧しいだけでなく、

 

ジェンダー格差がはびこる日本では、未来への可能性の無さ、という貧困も持っている。

 

 

母子世帯での就業パターンは主に派遣社員正規雇用が主なもので、

女性の進出を謳っていたとしても、女性に開かれている職業というのは少ない。

 

また、妊娠・出産後の女性の雇用機会が限られていることも問題視されている。

 

 

その制限が、可能性の貧困へ陥れる。

 

 

 

2、「高齢者の貧困」

f:id:shima-nju:20200313110244j:image

少子高齢化が進行する日本は、高齢化社会に突入している。

 

日本の生活保護受給世帯の約47%は高齢者なんだって。

 

 

 

体力が衰えて、持病も増えていく高齢者は一度貧困に陥ると、そこから自力で立ち直るのは難しい。

 

 

 

 

 

 

3、「子どもの貧困」

f:id:shima-nju:20200313110251j:image

深刻な問題はここ。子供たちの貧困。

 

 

17歳以下の子どもの約7人にひとりが経済的に困窮している状態なんだって。

 

 

 そして、

子どもを取り巻く経済状況は、その子の成長過程に大きな影響を与える。

 

 

 

 

大人の貧困層なら、人目を忍んで暮らすことはできるかもしれないけれど、

子どもは学校生活友達関係を通して、

貧困に対する差別や同情の視線に晒される可能性が高い。

 

 

 

"貧しくて欲しい物を買えないこと"よりも、

 

"本人が一生拭い去ることができない劣等感を背負い、

自分に自信が持てなくなること"、の方が深刻だ。

 

 

 

 

さらに、もっと深刻なのは、教育の機会が失われることだ。

 

 

 

 

教育格差。

f:id:shima-nju:20200313110258j:image

 

それはもちろんジェンダー的な格差の方が注目されているけれど、経済的な格差の方が大きい。

 

 

 

 

 

そして、この先テクノロジーがこの教育格差を乗り超えられるのか。

 

 

 

 

 

技術革新には不安の声が多いけれど、確実に今ある不安の源を解消してくれる。

 

 

 

 

きっとテクノロジーは、未来への可能性をもたらしてくれる。

f:id:shima-nju:20200313110423j:image

 

 

---------------------------------------------------------------------------

参考:

 

2030年の世界地図帳  あたらしい経済とSDGs、未来への展望
 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓

 

shima-nju.hatenablog.com