shima's diary

エイメイ学院 / 明成個別 英語科講師のブログ

愛が伝わらない告白方法

「英語で愛を告白するときの言い方は??」

 

 

 

 

I love you.    ...①

 

 

 

 

「じゃあ、今度はそれを受け身の文に、書き換えてみましょう!!」

 

 

 

 

You are loved by me. ...②

 

 

 

 

「よくできました!!主語と目的語を入れ替えることで、受け身の文が作れます。そして、①と②の文は同じ意味になるのです!類題をたくさんやってみましょう!!」

 

 

f:id:shima-nju:20191119142907j:image

 

 

 

 

これが日本の英文法指導。

これを見た英語圏の人はお腹を抱えて笑ってしまうらしい。

 

①と②の文はまったく同じ意味ではないからだ。

 

 

 

英語は基本的に、大事な情報、新しい情報を最後に持ってくる。

 

 

 

相手に愛を伝える時、いいシチュエーションで、お互いドキドキしている。

そんな場面で、"I love..." ( わたしが好きなのは...   )

相手に「わたしのことかな? ///」って期待させて、"you." ( 君だよ。)という。

 

これが①の文。

 

 

 

一方、 "You are loved by..." ( 君のことを好きな人がいるんだって...   )

それを言われた相手は、「だれが私のこと気になってるのかな!/// あ、バスケ部の先輩かなー? あ、となりの席のA君かなー?」って期待に胸を膨らませているときに、"me." ( おれ様だよ。)

 

これが②の文。

 

 

 

 

②の方で告白されても、「え、お前かよ!?」ってなるし、「君は、私によって愛されてるんだよ。」は上から目線過ぎて、関係を崩すかもしれない。

これが許されるのはキムタクか山Pくらいかも。

 

 

 

つまり、②では愛を伝えることが難しい。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本人は6年以上も英語を勉強するのに、英語を使える人が少なすぎる!!!」

 

 

 

確かに、これはごもっともで、6年間も勉強していることが身につかないっていうのは、驚異の効率の悪さだね。

 

 

 

その原因の一つを構成しているのが、

「英語の文法指導は、その文法の形(Form)意味(Meaning)は教えるが、その文法の使い方(Use)を教えてなさすぎ!!」

っていう教育方法への批判がある。

 

 

 

 おれらは中学校や高校でたくさん文法を教えられてきた。その形や意味を教わってひたすら問題集の問題を解いてきた。

 

 

けど、それを「どういうシチェーションで使うのか」を教えてもらっていない。ましてやそれを使う機会もなければ、練習する間もなかった。

 

 

 使い方も分からないまま、大学受験のために分厚い文法書を読み漁ってた。 知識を詰め込むことに夢中になっていた。

 

 

 

 問題集の機械的な書き換え問題を続けていると、平然と②のような文が完成するのである。

 

 

 

 

 

 

 今回は「受け身」を例にとったが、他にもたくさん、この種の齟齬が、日本の英文法指導の中にはある。

 

 

 

 

 だから、今、日本の英語教育が変わろうとしているんだ。